イベント情報

エントリー

法話 こころのまど 「抱かれてありとも 知らず」

  • 2018/08/03 13:18

idakarete.jpg 

おろかにも

われ反抗す 大いなる み手に

    

幼児が母のふところに抱かれて、乳房を哺くんでゐるときは、すこしの恐怖も感じない。すべてを托しきって、何の不安も感じないほど、遍満してゐる母性愛の尊きめぐみに、跪かずにはをられない。

 

しかも多くの人々は、何ゆゑにみづから悲しむのであらう。救ひのかがやかしい光のなかに、われら小さきものもまた、幼児の素純な心をもって、安らかに生きたい。大いなる慈悲のみ手のまゝ、ひたすらに久遠のいのちを育みたい。――大いなるめぐみのなかに、すべてを托し得るのは、美しき信の世界である。

 

(大谷嬉子『九条武子 無憂華抄』

浄土真宗本願寺派仏教婦人会総連盟)

 

 

私の生老病死の苦悩に寄り添って、決して捨てることはないと誓われた阿弥陀様が寄り添っていました。

 

親鸞聖人は『浄土和讃』の「弥陀経意」に

  十方微塵世界の

  念仏の衆生をみそなはし

  摂取してすてざれば

  阿弥陀となづけたてまつる   

(註釈版聖典571ページ)

と、阿弥陀さまをご讃嘆されています。

 

ほとけさまは、どのような小さいいのちであっても決して見逃すことはありません。

 

摂取とは、おさめとること。

 

阿弥陀さまの光明の中に、すべての衆生を包み込んで下さるはたらきです。

 

不捨は、文字通り捨てないことです。

 

 また「摂取」の左訓で「摂はものの逃ぐるを追はへ取るなり」と述べられています。

 

ほとけさまは、すべてのいのちを、もちろんこの私のいのちをも、同体のようにわがいのちとしています。

わたしが反抗すればするほど「たのむから、私の願いを聞き止めてくれ」と追いかけ、ますますしっかりと抱きとって下さるのです。

 

「いくらたのんでも聞ないならなら、放っておくぞ」と捨てられるようなことは、決してないのです。

 

その阿弥陀様の摂取不捨のこころが、南無阿弥陀仏の念仏となってとどいていました。

法話 こころのまど 「手を合わす 姿に とげはない」

  • 2018/05/19 11:06

tewoawasu.jpg仏様に、拝むときには、手を合わします。

 

その時は、私の願いを聞いてもらうために手を合わすのではなく、仏様の私に向けられた願いを受け止めるために、仏様を敬い御礼申すために、手を合わします。

 

お釈迦様の国のインドでは、「こんにちは」「おはよう」「さよなら」などの挨拶では、手を合わして「ナマステ」と言います。

 

この「ナマステ」の、「ナマス」は帰依、礼拝します。「テ」はあなたにとなります。

 

「ナマステ」は、あなたの中にある世界(仏・神)に礼拝します、という意味となります。

 

「南無阿弥陀仏」の「南無」も「ナマス」から来ていて、親鸞聖人「帰命」とされました。

 

法話で夫婦でも争いごとになりそうになると、「お互いに、手を合わしたら争いは無くなる」と聞かしていただきました。

 

手を合わすと、自分の意見を押し通そうとする心ではなく、まず相手の心を聞いてみようとする心になります。

 

まず一日に一度は、仏様の前に座り、手を合わしてみましょう。

 

 

受法寺報 31号

  • 2018/05/19 10:23

法話 こころのまど 「仏は 今日も よびなさる この私」

  • 2018/04/18 14:43
  • カテゴリー:ブログ

hotokeha.JPG仏は 今日も よびなさる この私

 

元の言葉は、妙好人 有福の善太郎さんの言葉からです。

 

「助けて 救うとやろうと きのうも 呼びなさる 今日も 呼びなさる」

善太郎

 

阿弥陀さまはすべてのものを救って決して捨てることないと願われ、その願いはこの世界に満ちています。

 

その願いは、迷い続けているこの私にも、はたらいています。

 

昨日も今日も、阿弥陀様から呼ばれている私であり、今日もまた南無阿弥陀仏とお念仏を称えて、直に「助けるぞ 救うぞ」と呼ばれていることを喜ぶのです。

納骨堂で彼岸のおつとめ

  • 2018/03/23 15:06
  • カテゴリー:ブログ

300322.jpg前寺報で案内していましたように、納骨堂で彼岸のお勤めをしました。

この日は遠く岐阜県から、Yさんがお参りされました。

法話 こころのまど「おがんで たすけてもらうじゃない」 

  • 2018/02/20 11:21
  • カテゴリー:ブログ

ogande.jpg石見(島根県)の妙好人、有福の善太郎さんの法語。

 

「おがんで たすけてもらうじゃない おがまれてくださる 如来さま」。

 

私たちは、拝んで助けてもらおうとしています。

私の思いを乗せて、仏様に聞いてもらい、叶えてもらおうとしています。

しかしその私の願いは、他を省みない自己中心的な思いでした。

その私たちの思いの前に、仏様の願いがあったと気づかされました。

 

私たちは、とかく仏さまを、こちらから拝まなければと思いがちです。

しかし拝んでいるうちに、私の思いの前に、仏さまの方がこちらを拝んでくださっていました。

こちらから思うより先に、仏さまの方から思われていたことに気づいた善太郎さんの味わいは、まさに他力そのものであります。

 

 浄土真宗の教えは、「拝んでいたら、お仏を称えたら、信じていたら、救われる」というように易しい教えのように思われます。

自分を当てにすることは分かりやすいですが、これを「自力のこころ」といい、 蓮如上人は『領解文』の最初に「もろもろの雑行雑修自力のこころをふりすてて……」と阿弥陀如来に、私の往生浄土の一大事について、あなたの救いの働きにおまかせしますと示されました。

 

自分自身が、自分はこれで大丈夫、これで間違いないと、

自分をたよりとするのではなく、阿弥陀様をたよりとして、お救いにあずかるのでした。

 

 ですから、善太郎さんは、この法語で、こちらから拝んでたすけてもらうんじゃない、こちらからおもうてたすけてもらうんじゃない、仏様に拝まれていたと。

 

 同じように、石見の妙好人・浅原才市さんも

「わたしや(私は)あなた(阿弥陀さま)におがまれて どうぞたすかってくれとおがまれて ご恩うれしや なむあみだぶつ」とうたっています。

 

あけまして おめでとうございます 無量光

  • 2018/01/01 13:45
  • カテゴリー:ブログ

あけまして、おめでとうございます。

平成三十年の元旦会を門信徒の皆様と、正信偈のお勤めしました。

 

元旦というと、初日の出。受法寺の近くの桂浜では、毎年、多くの人が元旦での桂浜での初日の出を迎えられます。

初日の出をわざわざ見に行くというのは、それだけ光にあう、ということが特別なことで、人によって意味のあることでしょう。

 

今年の年賀状には、「無量寿」と三文字を筆で書きました。

 

阿弥陀様とは、無量寿仏、無量光仏です。

いのちにかぎりがある私ですが、阿弥陀様は、無量寿仏で、「はかることができない、いのちのほとけさま」。

 

無量光仏とは、「はかることができない、ひかりのほとけさま」。

 

太陽である、日の光は限りがあります。

曇りや雨では、光は届きません。

夜も、光は届きません。

 

無量光とは、場所が限定されない。

つまり「どこにいても」阿弥陀様の光の中にある。

 

ひかりとは、はたらきです。

私たちの幸せを願い、わたしたちを、「はかることができない、いのちの世界」に迎え取って、決して捨てることがないと、願われています。

 

そのはたらきが、「なもあみだぶつ」というお念仏として、私の称える声に届けられています。

 

親鸞聖人「正信偈」に、

大悲無倦常照我(だいひむけんじょうしょうが)

DSCF9872-iloveimg-resized.jpg大悲ものうきことなく、常に我を照したまう。

阿弥陀如来は常に見捨てずに、常に慈悲の光明で包んでくださっています。

 

 

今年も、お念仏の中に、阿弥陀様が「今ここで」はたらいていらっしゃると、阿弥陀様のお恵みのなかで、心穏やかに過ごさせていただきましょう。

そうじの日 

  • 2017/11/30 10:38
  • カテゴリー:ブログ

DSCF9783.JPG受法寺では、月に一回「そうじの日」を決めて、仏様へのご奉仕の心で境内や堂内を掃除や軽作業をしています。

男性も加わって、作業の後の楽しいお茶の時間です。

 

報恩講法要 日時 12月4日(金)

朝    10時

       1時

          お斎を用意します

講師 深水健司師

本願寺派布教使     愛媛県 

 

報恩講は、私たちにお念仏によって救われていく道を開かれた宗祖親鸞聖人のご遺徳をしのぶ法要です。

 

殿(親鸞)の御往生

聖人の臨終を『御伝鈔』は、

 口に世事をまじへず、ただ仏恩のふかきことをのぶ。声に余言をあらはさず、もつぱら称名たゆることなし。

と、世間の事はおっしゃらずに、お念仏の称えながらのご臨終であったと伝えています。

 

また、ご内室の恵心尼様は、親鸞聖人のご臨終にあわれた娘の覚信尼様への返信に、

これまでも申してきましたように、「殿がお浄土へご往生されたことは確かです」とあり、さらにこのお手紙の末尾に「殿のご臨終がどのようにあられましても、始めて申すまでもなくお浄土にご往生されたことは間違いないと堅く信じています」としるされています。

 

臨終の善悪をば申さず

いづれにせよ、生前に聖人は門弟へのお手紙で

 「まず、善信(親鸞)が身には、臨終の善悪をば申さず。信心決定の人は、うたがいなければ、正定聚に住することにて候なり。」

と申されています。

私たちは臨終の相が気になり、問題としています。しかし臨終の様子に関して、善し悪しは問いませんと言い切っておられます。

 

おまかせする

如来さまの「安心せよ、この如来がひきうけている」との阿弥陀様の仰せを真受けにして、この如来さまのおたすけ一つにはなんの間違いも狂いもないと大安心をさせていただくことであります。これが「信心決定」であり、私の往生浄土は「すでに決っていること」ですから問題にはならなかったのです。

「かならず救う」という阿弥陀様の仰せを疑いなく受けいれ順(したが)うことが、信心です。

 ご信心が定まっている人には疑う心がないのですから、浄土往生を約束された「「まちがいもなく、仏になれるに間違いのないなかま(聚)に定められる」である正定聚(しょうじょうじゅ)」の位にあるのです。

私の往生浄土を、親様といただく阿弥陀様が「われにまかせよ」いうこころを、「南無阿弥陀仏」という喚び声として聞き、私たちは「はい」とうなずき、「南無阿弥陀仏」とお礼申すばかりです。

 

ねんぶつは 親のよびごえ 子の返事

                                                                      浅原才市

常例法座 10月16日(月)昼2時より

  • 2017/10/01 09:27

佐竹隆弘師 山口県極楽寺 

ページ移動

ユーティリティ

2018年08月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed