イベント情報

エントリー

2018年09月の記事は以下のとおりです。

法話 こころのまど 先に生まれん者は 後を導き

  • 2018/09/20 09:46

sakiniumarenn1.JPG七高僧の一人、道綽禅師の『安楽集』から。

 

 

この娑婆世界においても、人生の先輩は後輩を導くものですし、後輩は先輩の跡を訪ね、その足跡に学んでいかねばなりません。

 

新しい職場に入ったときには、職場の先輩に仕事を進めて行くにはどうしたらよいか、まず先輩に尋ねます。

 

昔は徒弟制で、細かい仕事の内容を先輩は教えてはくれません。

 

そこで新しく道を尋ねる者は、先輩や師匠のの後をおって、文字通り「尋ねる」のではなく、「訪ねる」、ひたすらに仕事に対する技術や方法だけでなく、姿勢も含めて後を追っていくことになります。

 

 ここで『安楽集』に述べられる「前に生まれんもの」は、この世に先に生まれた者の娑婆世界に生まれるというだけではなく、お浄土に先に生まれる者のことです。

 

 

先に浄土に往生する者は、後の者を導いておられるのです。

 

そのことを後に残った私たちは、お浄土から私たちは、先の方を弔い、訪問するのでしょう。

 

そこでお葬式があってお盆があって、年忌法要などを勤めているのです。

 

後から浄土に往生しようとする者は、先立った方がたの、み跡を慕い、そのことによって、浄土往生を願う願生心が、縁ある人びとの導きによりながら、脈々と受け継がれていくのです。まさしく、法は人を通して伝わっていくということでしょう。

 

愛しい人やかけがえのない人をなくした時、人はみな、悲しみの淵に沈みます。

 

そして、その悲しみは簡単に癒えることはないのですが、何故かお仏壇に足繁く向かうようになれたのは、先立った愛しい人の導きによるものです。

 

「あなたのおかげで仏さまに手を合わす身になれました」

 

私たちはここで手を合わし、南無阿弥陀仏とお念仏させていただいています。

法話 こころのまど 

  • 2018/09/06 14:06

私のいのちは 無量寿の世界に 帰るのです

2018年9月5日

16:22

四十一歳で三人のお子さんを残し、癌で亡くなった平野恵子さんの『子どもたちよ、ありがとう』の中から。watasinoinochi.JPG

 

無量寿とは、阿弥陀如来そのものであり、およそこの世に存在するすべての。いのちの真実の姿、全宇宙の実相であります。

お母さんは無量寿の世界より生まれ、無量寿の世界へと帰ってゆくものであります。

何故なら無量寿の世界とは、すべての生きとし生けるもの達の。いのちの故郷。そして、お母さんにとっても唯一の帰るべき故郷だからです。お母さんはいつも思います。与えられた平野恵子という生を尽し終えた時、お母さんは嬉々として。いのちの故郷へ帰ってゆくのだろうと。

人は、その死と共にすべての苦しみ、悩み、悲しみ、怒り、恨みからも解放されるものです。

 

そして、空気となって空へ舞い、風となってあなた達と共に野山を駆け巡るのだろうと。緑の草木となってあなた達を慰め、美しい花となってあなた達を喜ばせます。また、水となって川を走り、大洋の波となってあなた達と戯れるのです。時には魚となり、時には鳥となり、時には雨となり、時には雪となるでしょう。

 

 

無量寿のいのちとは、すなわち限りない願いの世界なのです。

そして、すべての生きものは、その深いいのちのねがいに支えられて、生きているのです。だからお母さんも、今まで以上にあなた達の近くに寄り添っているといえるのです。

 

悲しい時、辛い時、嬉しい時、いつでも耳を澄ましてください。お母さんの声が聞こえるはずです。「生きてください、生きてください」というお母さんの願いの声が、励ましが、あなた達の心の底に届くはずです。

お母さんは、やがてあなた達の南無阿弥陀仏となります。

 

由紀乃ちゃんが、生まれた時よりお母さんの仏様だったのです。

 

この十七年間、由紀乃ちゃんはいつも「お母さん頑張って」「お母さん生きてちょうだいと励まし続けてくれました」。

 

そのお陰で、お母さんは貴いいのちの願いに気付かされたのです。

 

お母さんは死を通してのみ、あなた達の南無阿弥陀仏となることができるのです。

 

素行ちゃん、素浄ちゃん、大きくなって、強く、たくましい男性になってください。

そして一切が、支えられて存在することができたのだという、いのちの真実に目覚めてください。

どうか、そして無量寿という言葉を、どうぞ忘れないでください。

 

平野恵子『子どもたちよ、ありがとう』 (抄出)

 

 

阿弥陀如来とは無量寿如来。

 

その意味は「永遠の生命」「限りない存在」とでも訳せましょうか。

 

寿は、いのち。

 

色もなければ形もなく、匂いもない。それは、永遠なる長さであり、測ることのできない重さであり、限りない深さなのです。

 

私たちは限りのある命、長生きしてもそこには限りがあります。

 

しかし阿弥陀如来は無量寿のいのち、限りが無いのです。

 

その阿弥陀如来の願いに、私の命は支えられ、限りある命が尽きたときに、無量寿の世界に帰るのです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed