イベント情報

エントリー

2019年01月の記事は以下のとおりです。

法話 こころのまど 死ぬのじゃのうて 生きること

  • 2019/01/15 16:18

死ぬのじゃのうて 生きること
 なもあみだぶに 生きること

死ほど、人をを不安で恐怖に落とし入れることは無いでしょう。
しかもそのことを生まれたからには、生命は有限であるので、だれでもこの問題と向かい合わなければならないのです。

そのような不安や恐怖に才市さんは、「死ぬのでは無くて生きること」
と、うたっています。

また、才市さんは、

 わたしや、幸せ、死なずにまいる、
 生きさせて参る浄土が、なむあみだぶつ

臨終で、生命としての死を迎えることになりますが、でも「わたし才市」はしあわせにもお浄土に生まれることだと。

それも、そのことが受け止められるのは、命終える時の臨終ではないのです。

お念仏を続けて、やがて来る死期に臨んで念仏を続け、臨終にやっと仏様のお迎えを得て、はじめて浄土に生れることが成就するという考え方、いわゆる臨終業成であれば、それまでは不安や恐怖です。

しかし、

平生の今、ここに、阿弥陀様の「必ずわが浄土に迎える」というお心をいただく(信心)。

これで往生浄土といういのちきわまりなき世界に生まれることがが定まり、限りある命の根本問題が解決されるのです。

遠い先の臨終まで待つことではなく、「今すぐの救い」にあずかるのです。

阿弥陀様の「いのち尽きたなら、必ずわが浄土に迎え取る」という、仏様の心に順うと、私は死なない身になったのであるから、南無阿弥陀仏にいだきとられて死ぬまで悪をつくりながらも、そのまま「生きさせて」いただき臨終でお浄土に参らせていただくのです。
 
たしかに、この世における我が身は、煩悩におおわれているあさましい身であって、仏様が迎えにくるという来迎にあずかり、お浄土に往きうまれることは、思い及ばないことでしょう。

しかし、阿弥陀如来の「必ず救う、われにまかせよ」というお呼び声は、私をとらえてお離しになられません。

この信心をいただく身は、平生の生活のうちに往生が定まっているのです。
これが平生業成であり、臨終の来迎を待つことのない、即ち今なのです。

この娑婆がそのままで浄土参りまちがいなしと、南無阿弥陀仏の上に体得して喜び、まさに平生のままに葬式すんで、南無阿弥陀仏とともにあることであります。
 
わが親鸞聖人は和讃に、
 
 超世の悲願ききしより

 われらは生死の凡夫かは
 
 有漏の穢身はかはらねど

 こころは浄土にあそぶなり

と讃ぜられ、また

 真実信心の行人は摂取不捨の故に正定聚の位に住す。
この故に臨終まつことなし、来迎たのむことなし。
信心の定まるとき往生また定まるなり。

と、仰せられています。sinunojanoute.jpg

法話 こころのまど ほとけは ここに こころに ここに

  • 2019/01/01 14:41
  • カテゴリー:ブログ

hotokehagaku.jpg

明けまして おめでとう ございます

 

平成の最期の、元旦となりました。

 

例年は7時からとしていますが、多くの方に年の初めは 神社ではなくお寺にお参りしていただきたく、今年から10時としました。

 

初詣に神社にお参りするかたも多かったと思いますが、そこでは何かを神様にお願いすることかと、思います。

 

自分の健康や仕事、家族のことや、世界の平和であれと祈ります。

まず私が先にあって、その願いを神様に聞いていただくことです。

 

しかしお寺で仏さまにお参りすることは、私の願いより先に仏様の願いが先にありました。

今年も仏さまのみ光に照らされて、いつも仏さまのおこころをいただき、願われていたことに、気づかさせていただくのです。

 

神社とお寺でのお参りの作法も、違っています。

 

神社では、大きな鈴を鳴らして、まず柏手を打つ。

 

この作法は、まず神様を招致する、お出でてないので、起きて招くという意味があるようです。

 

よく「仏さまにお参りするときは、鐘は何回ならしますか?」

 

というお尋ねがあります。

 

しかし私たちが、鐘を鳴らそうとする前から、ここにずっとお立ちづめの、お姿で「あなたの事をいつも見守っています。」「まことの道を歩んでくださいと」願われていました。

 

私たちが休んでいて、寝ていても、仏さまは倦くことなく願われていたのです。

 

そのことに気づかせていくのが、わたしたちのお参りする姿でした。

 

さてこのたび、本願寺では私たちのちかいを、ご門主が制定しました。

 

 

///////////////////////////////////////

 

私たちのちかい

 

一、自分の殻に閉じこもることなく

穏やかな顔と優しい言葉を大切にします

微笑み語りかける仏さまのように

 

一、むさぼり、いかり、おろかさに流されず

しなやかな心と振る舞いを心がけます

心安らかな仏さまのように

 

一、自分だけを大事にすることなく

人と喜びや悲しみを分かち合います

慈悲に満ちみちた仏さまのように

 

一、生かされていることに気づき

日々に精一杯つとめます

人びとの救いに尽くす仏さまのように

 

////////////////////////////////////////////////////

 

掲示伝道には、

 

ほとけは ここに 

こころに ここに

 

と書かせて頂きました。

 

いつも私たちの、心の中にあるのです。

 

ほとけさまは、遠いところにいらっしゃる方では無かったのです。

 

今年も私たちの幸せを願って、休むこと無くはたらいてくださっている仏さまのこころに気づかせていただきましょう。

 

今日は共にご唱和いたしますが、お仏壇に座って手を合わし、一日一回はお唱えしていただきたく存じます。

 

今年も私たちの幸せを願って、休むこと無くはたらいてくださっている仏さまのこころに気づかせていただきましょう。

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2019年01月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed