イベント情報

エントリー

2020年05月の記事は以下のとおりです。

受法寺蔵 浦戸城鬼瓦 県立埋蔵文化財センター企画展で公開

  • 2020/05/29 10:36

KOCHISINBUN20200529-ASA11.jpg戦国から安土桃山時代に土佐を支配した長宗我部氏の関連資料を紹介する企画展「長宗我部の時代」が南国市篠原の県立埋蔵文化財センターで開かれている。 7月5日まで。  

同センターの開館30周年を記念して企画。

長宗我部氏の居城となった岡豊城跡や浦戸城跡などから出土した土器や陶磁器約200点か 武士の暮らしぶりを探る。 

 

特に高知市浦戸の受法寺 に伝わる鬼瓦は縦56センチ、横48センチの巨大な瓦。

 

1595年(文禄4)年に泉州(大阪府南西部)の瓦職人が製作したもので、太陽をかたど

った「陽」と月をかたどった「陰」が展示されている。

 

横山慶哉住職によると、戦国末期の受法寺はまだ念仏道場で寺院として形は整っておらず、「災いを払う守り神としての鬼瓦の性格も迷信を好まない浄土真宗の教義に合わず、寺にふかれたとは考えにくい」と推測する。

 

 鬼瓦をふけるような大きな建物は、浦戸城の天守や浦戸城下町にあった長宗我部氏の屋敷くらいしかなく、それらにふかれたものとする説もある。

 

また、会場には浦戸城跡の発掘で出土した鯱瓦や丸瓦も展示されている。

  

(楠瀬慶太)

 

高知新聞

2020529日 朝刊11

 

法話 ▶こころのまど◀ 病いは お医者様に 悩みは ほとけさまに

  • 2020/05/22 09:54

病いは お医者様に

悩みは ほとけさまに

 

病気になると、どこに行かれるでしょうか?

コロナ騒ぎで、神や仏に「かからないように」「直りますように」と願をかける方も多くなるようです。

 

ニュースで

製薬会社が集まる大阪・道修町で、薬の神様をまつる少彦名神社のお守りを求める人が増えている。江戸時代にコレラが流行した際に薬とお守りを授与して病気平癒を祈願したという神社。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、全国から収束を願う祈りが届いている。

神仏に願うという気持ちは、「自分が病気になって死ぬかもしれない」と悩み、不安になります。

 

『本願寺新報』で「西本願寺 医師の会の広場」田畑正久先生は

仏教は、まじないのように医学・医療と競合して病気を治療するのではありません。病気に関しては医療者に

「お任せ」です。そうすれば、ストレスが最小限となり、アドレナリンなどの分泌も少なく、自分が持つ免疫力が十二分に発揮もされるでしょう。

 仏教、浄土真宗は病気から救うのではなく、病人の根本的な救いを説きます。仏教の救いは世間的な救い(経済的、医学的など)とは質が異なります。事実をあるがままに受け取り、与えられた状況を「これが私の引き受けるべき現実、南無阿弥陀仏」と、阿弥陀如来に全てお任せし、今日を精いっぱい未練なく生き抜く(場合によれば、死ぬ)のです。

と新型コロナで不安になっている人に答えています。

 

どうか病気やけがは、お医者さまにお任せして、生老病死(しょうろうびょうし)の心の悩みは阿弥陀様にすべてをお任せして、安心のある人生を送りたいものです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2020年05月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed