エントリー

納骨堂工事完了慶讃法要

  • 2019/11/07 11:36

受法寺納骨堂「浦戸浄苑」は、1年以上の雨水対策の修復工事を終了し新しく納骨壇を設置して、「納骨堂工事完了慶讃法要」を多くのご門徒様の参列のもと、厳修しました。

表 白

西方浄刹の阿弥陀如来 三界の教主・釈迦牟尼仏 並びに 
十方三世一切の諸仏三宝に申して曰さく
つらゝ 推れば
当受法寺納骨堂「浦戸浄苑」は昭和47年に竣工し爾来47年を経て 雨露はなはだ建物を損ない 納骨壇を傷め 老朽化す
ここに受法寺住職釋慶哉 昨年夏に修復工事を行うとともに、新しくアルミ製の納骨壇を設置すことを発意するや
門信徒一同よく懇念を運び 一年以上をかけて幾多の困難の中に在りながら 本日 納骨堂工事完了慶讃法要を厳修す
ここに
あらたにご先祖の納骨壇への移行を機縁として 個人を偲ぶよすがとして
この上は益々
聞法に励み 阿弥陀如来の本願を仰いで報謝の日々を送り
いのち 終わってのちには往生の素懐を遂げて 倶会一処の楽しみを享けることを
受法寺住職 釋慶哉
 敬って申す
 
令和元年十月二十六日 

受法寺住職釋慶哉191026noukotudou.jpg

ページ移動

ユーティリティ

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed