ブログ

エントリー

あけまして おめでとうございます 無量光

  • 2018/01/01 13:45
  • カテゴリー:ブログ

あけまして、おめでとうございます。

平成三十年の元旦会を門信徒の皆様と、正信偈のお勤めしました。

 

元旦というと、初日の出。受法寺の近くの桂浜では、毎年、多くの人が元旦での桂浜での初日の出を迎えられます。

初日の出をわざわざ見に行くというのは、それだけ光にあう、ということが特別なことで、人によって意味のあることでしょう。

 

今年の年賀状には、「無量寿」と三文字を筆で書きました。

 

阿弥陀様とは、無量寿仏、無量光仏です。

いのちにかぎりがある私ですが、阿弥陀様は、無量寿仏で、「はかることができない、いのちのほとけさま」。

 

無量光仏とは、「はかることができない、ひかりのほとけさま」。

 

太陽である、日の光は限りがあります。

曇りや雨では、光は届きません。

夜も、光は届きません。

 

無量光とは、場所が限定されない。

つまり「どこにいても」阿弥陀様の光の中にある。

 

ひかりとは、はたらきです。

私たちの幸せを願い、わたしたちを、「はかることができない、いのちの世界」に迎え取って、決して捨てることがないと、願われています。

 

そのはたらきが、「なもあみだぶつ」というお念仏として、私の称える声に届けられています。

 

親鸞聖人「正信偈」に、

大悲無倦常照我(だいひむけんじょうしょうが)

DSCF9872-iloveimg-resized.jpg大悲ものうきことなく、常に我を照したまう。

阿弥陀如来は常に見捨てずに、常に慈悲の光明で包んでくださっています。

 

 

今年も、お念仏の中に、阿弥陀様が「今ここで」はたらいていらっしゃると、阿弥陀様のお恵みのなかで、心穏やかに過ごさせていただきましょう。

ページ移動

ユーティリティ

2018年09月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed